古紙四方山話 > 過去の四方山話 > April 2010

April 2010

第59回 水

イザヤ ペンダサン著「日本人とユダヤ人」のなかで、「日本人は水と安全はタダだと思っている」とし、当時の日本人の“常識”に対し警鐘を鳴らしました。40年たって、日本人が日常的にコンビニで「ミネラルウォーター」を買う時代となり、意識もだいぶ変わってきました。少なくともタダではないという意識にはなっています。じゃー、世界の水の現状はどうなっているのだろうかという疑問に対して一つの答えが前回の話題「仮想水」を取りあげた同じナショナル ジオグラフィック誌4月号に出ていましたので、今回は古紙の話ではなく、「水」を再び取り上げてみます。


 その前にまず、地球の水の話。地球上の水の97.5%は塩水(海水を含む)で、残り2.5%が淡水。淡水の内、約7割が雪と氷という形で凍っていて、残りの地表水と地下水はごくわずかだそうです。つまり、地球の水全体の1%足らずが利用できる淡水です。量にすると3京5020兆立方メートルといわれています。数字を挙げれば普通はイメージが湧くものですが、「京」の世界では全くピンときません。

続きを読む

第58回 仮想水

普段の生活に用いられる食品や日用品は、それらの商品を生産するために多量の水を消費しています。日頃の私たちの暮らしのなかでは見えませんが、間接的に消費しているそれらの水は仮想水(Virtual Water)と呼ばれています。 
ナショナル ジオグラフィック誌の最新号(2010年4月号)には、身近な食品や日用品の仮想水の試算が載っています。


1.肉;1kgの生産に必要な仮想水。家畜が飲む水、飼料栽培のための水、飼育場の清掃用の水が含まれる。


15,497 ℓ 牛肉
6,309 ℓ  豚肉
3,918 ℓ  鶏肉


2.畜産物・加工品;1kgの生産に必要な仮想水。家畜の飼育用、食品加工用の水が含まれる。


11,535 ℓ  ソーセージ
4,914 ℓ  プロセスチーズ
3,340 ℓ  鶏卵
1,151 ℓ  ヨーグルト

続きを読む

過去の記事を読む

古紙四方山話 > 過去の四方山話 > April 2010

四方山話を探す
Feeds

このページの先頭へ戻る